大阪市/京都市 遊びながらスポーツ科学で眠っている能力を育てる、親子スポーツ教室

2018年

10月

09日

久しぶりに風邪を引きました

失ってから気付く

2018年

10月

08日

白銀比と黄金比とキティちゃん

みなさん、どうもこんにちは

インターン生のハヤセです

 

今日は感性工学の分野から

白銀比の話をしたと思います

 

縦と横の比率が「1:1.618」は黄金比

これは世界で美しい比率、バランスの良い比率のこと

日本の一般的な名刺のサイズがこの黄金比率に近い

 

黄金比に対して”白銀比”というがある

これは「1:1.414」という比率

特に日本人は黄金比よりも白銀日の方に魅力を感じてしまう

 

生活する中で最もよく目にする白銀比が

キティちゃんである

キティちゃんは縦横のバランスがちょうど

白銀比になっている

 

他にもとなりのトトロやアンパンマンなどがある

このように多くのキャラクターは

白銀比になっていることが多い

 

時々、たまに人間が入ったキャラクターの着ぐるみがあるが

この着ぐるみに不快感、違和感を感じるのは

白銀比という美しい比率から

離れてしまうからである

 

 

0 コメント

2018年

10月

04日

アイ・アクセシング・キュー

みなさん、こんにちは

インターン生のハヤセです。

 

5月以来なかなか更新できてなかったブログを再開しました。

1度止めてしまうとまた始めるのは億劫になってしまいました。

文章の質や量にこだわっていました。

 

でも、

質や量よりも大切なのは”継続すること”だと思いました。

 

これから僕は質や量は気にせずに”継続すること”を大切にしていきます。

 

 

 

それでは本題に入ります!

今日は「アイ・アクセシング・キュー」についてです。

 

アイ・アクセシング・キューは

簡単にいうと視線解析とも呼ばれます。

人の視線を分析して、脳の視覚・聴覚、体感覚のどの感覚に

アクセスしているかを知る方法です。

 

視線の動きを見ることで、相手がどの情報にアクセスしてるか予測ができる。

相手の思考パターンを読み取ることができる。

コミュニケーションに活用することができる。

 

〜目線の向き〜

○たて目線

上向き:視覚イメージ

 

水平:聴覚イメージ

 

下向き:体感覚や内部対話

 

○よこ目線

左:過去「想起・記憶」

  知識や思い出を探っている時

  それらを言葉にしようとして話を構成してる

  →何かを思い出そうとしたり、理論的に何かを考えている

 

右:未来「想像・感覚の回想」

  想像・構成情報

  何かを妄想したり、感覚的なものを思い出そうとしている

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2018年

5月

27日

子どもたちの視野を広げよう!

みなさん、こんにちは

インターン生のハヤセです

 

今回は「子どもと関わるときに心がけていること」についてです

 

 

僕が心がけていることは

『視野を広げてほしい』ということ

 

どうして視野を広げてほしいかというと

・自分のチャレンジできる範囲=自分の知ってる範囲

・視野(知ってる範囲)を広げることでチャレンジできる範囲を広げる

・将来の可能性を広げたい、やりたいことを見つけてほしい

こんな思いで

僕は子どもたちの視野を広げるような体験を

一緒にできたらと考えています

 

 

大学の授業で

京都でドローン専門店を起業された方の講演ありました

 

その方の話を聞いて

僕の中では〈ドローン〉という視野が広がりました

 

今後の

産業、メディア、救助など様々な利用可能性

間違いなく

未来の社会にドローンは溶け込むということを知りました

 

私はその専門店で

初心者用の約1万円ぐらいのドローンを購入しました

 

 

自分の興味で買ったドローンですが

子どもたちにもこのすごさを知ってもらいたいと思い

少しだけ操縦体験をしてもらいました

 

「スマホがコントローラーになるの!?」

「もっとやりたかった!」

真剣な顔で操作に集中する子どもたち

 

みんなの中で

「スポーツ教室でドローンをやったな~」という思い出が

残ってくれたらうれしいな

 

そして

未来のドローンパイロット、ドローンエンジニアが

輩出されたりして…

 

 

0 コメント