11月22日は母の誕生日でした。母は僕が物心ついた頃は油絵をよく描いていてタオルや色んなものにヒーローキャラクターの絵をふんだんに描いたりしてくれました。幼少期はデパート等で買ってもらったキャラクターグッズよりもそういったオリジナルのものが宝物でした。教育も段ボールアートや段ボールで如何に恐竜のおもちゃを親子でつくっていくかといったものや、タンポポやつくし、山菜を摘みとって食べる食育などをしてくれました。
そんな母は星野道夫、椎名誠、リバーカヤックツーリングの先駆者である野田知佑といった写真家や冒険家の本や雑誌をよく買っていました。そんな中でも野田知佑、椎名誠がよく投稿をしていた小学館のビーパルに載っていたエンジェルフォールの写真は小学生の時の僕を思いっきりこの世界の魅力に引き込みました。
そのビーパルのエンジェルフォールの感動から16年、今年の母に誕生日プレゼントとして報告できたこと、それは今まで憧れの人々が支えていたビーパルというその雑誌に「2013年アウトドアシーン注目の人物として僕がが掲載される」という報告でした。1月10日発売の新年号に、特集記事の中の一人として掲載されます。小学生の頃の原体験となる人物達と本来の分野が違う中で少し近づけた気分になれたことと、母が買っていた雑誌に母の誕生日の日に掲載されると報告できたことが本当に嬉しかったです。